ソーラーパネルとは | 太陽光発電の味方

HOME » 太陽光発電とは » ソーラーパネルとは

ソーラーパネルとは

ソーラーパネルとは、太陽電池パネルと呼ばれることもあります。
太陽の光を利用して発電するためのパネルです。
他にも、太陽電池モジュールや太陽電池板と呼ばれることもあります。

ソーラーパネルは、太陽の光をどの程度の割合で電力に変換できるのかという数値で性能を図ります。
「光電変換効率」と呼ばれる割合であり、20%の場合は太陽の光を受けたうちの2割を電力へ変換することが可能であるということです。
この数字が高いと、生産できる電気の量は増えて行きます。
そのため、ソーラーパネルを設置する際には必ずチェックすべき項目です。

メーカーによっても太陽光発電の変換効率は比較するべき箇所です。

ソーラーパネルとは、発電効率が高い場合であっても、設置方法を誤ってしまうと十分な力を発揮できません。
発電効率とは、整った環境で太陽の光を電力に変える割合であるため、可能な限り太陽の光を充てなければ意味がないのです。
ソーラーパネルを設置する場合には、日陰にならないという事が条件になります。
さらに、長い時間太陽の光が当たる場所を選んで設置します。
太陽電池は、光が弱いと発電できないこともあるため、設置する際の角度にも気を配りましょう。
太陽に向かって、ソーラーパネルを正面に向けた状態がベストです。
光を受けるためには正面が最適ですが、太陽の光は時間の経過で位置が変わります。
季節によっても異なります。
例えば、北海道と沖縄で同じ角度にソーラーパネルを設置すると、発電できる数字が異なるのです。

ソーラーパネルとは、簡単に動かすことができるものではありません。
時間や季節によって、太陽に向けて動かすことができないのです。
ソーラーパネルは、1回設置してしまうと、基本的に動かす事はできないと考えておきましょう。
ソーラーパネルを有効活用するためには、設置する場所や、どの程度の期間設置する予定なのかなど、太陽の光が当たる角度と合わせて考える必要があります。
ただし、万が一太陽の光が当たりにくい場合であっても、損をする事はない程度の発電量にはなるでしょう。