メガソーラーを使用した太陽光発電システムについて | 太陽光発電の味方

HOME » 太陽光発電とは » メガソーラーを使用した太陽光発電システムについて

メガソーラーを使用した太陽光発電システムについて

メガソーラーとは、1000kw以上の出力になる大規模な太陽光発電です。
家庭用の太陽光発電の場合、出力は10kw以下となるため、太陽光発電の比較の違いは一目で分かります。
産業用の太陽光発電設備であるメガソーラーを導入するメリットなどを見て行きましょう。

家庭用の10kwという数字のの太陽光発電システムとは異なり、メガソーラーの場合は発電した電力を20年間固定価格で売ることができます。
20年間という長期間、全ての電力を売ることができる点が最大のメリットです。
電力とは無関係の業種も、メガソーラーの導入を進めています。

メガソーラーで発電する場合、原子力発電や火力発電とは異なり、システム自体が非常に単純な作りになっています。
そのため、故障などのトラブルが起こりにくい点が特徴です。
火力発電では石油の価格によって利益が大幅に変わりますが、メガソーラーは太陽の光をエネルギーとしているため、大幅に変わることがありません。

メガソーラーは、メンテナンスの回数が少ないため、運用しやすいというメリットもあります。
また、メガソーラーを設置するためには広い土地が必要になります。
生産された電力が電線を通じて導電するため、アクセスしやすい場所に設置しなければならないという制限はありません。
そのため、地方に眠っている広い土地を有効活用できるのです。

メガソーラーを導入する場合、設置費用はkw単価20万円前後であり、大規模になるほど導入に必要な費用は安くなります。
ソーラー発電システムは進化しているため、今後更に導入コストが抑えられることになるでしょう。

メガソーラーは太陽の光のみで発電するシステムであるため、火力発電所などとは異なり大量の二酸化炭素が発生することはありません。
地球温暖化が進んでいることが世界中で問題となっているため、メガソーラーを利用した発電方法は非常に注目を集めています。
メリットとデメリットの両方を認識したうえで、導入しましょう。