太陽光発電の発電量とメリット | 太陽光発電の味方

HOME » 太陽光発電とは » 太陽光発電の発電量とメリット

太陽光発電の発電量とメリット

太陽光発電システムの設置費用は、決してリーズナブルなものではありません。
太陽光発電の設置費用の相場は安くなったとはいえ、高いものであるといえるでしょう。
太陽光発電とは太陽の光で発電するシステムであり、家庭の電気代を節約したり、使用しなかった電力を電力会社に買い取って貰う事によって利益を得る事も可能です。
電気代節約と収入という、2点のメリットについて重要なポイントが発電量。
一般的に、太陽光発電システムの発電量は、1kWあたり1,000kWhです。
しかし、地域によって太陽の光が出ている時間の長さ、取り付けらソーラーパネルの精度によっても変化します。

太陽光発電はkw(キロワット)で表示されます。
これは、どの程度発電する出力を持っているのかという単位です。
kWの数が大きいと、発電する出力が多くなるという事です。
太陽光発電の発電量はkwh(キロワットアワー)と表記されます。
しかし、この単位、数値を見ても、一目で善し悪しを判断することができる人は非常に少ないでしょう。
多くの人が、太陽光発電システムの導入によって、どの程度発電し、どの程度収入を得る事ができるのかと考えています。

太陽光発電は、発電した電力を電力会社へ売る事によって収入を得るという、投資の一面があります。
太陽光発電システム導入のために出費をしても、電力を売ることで収益を得る事ができるのであれば、投資の価値はあると考える人も多いのではないでしょうか。
一般的な条件のもと太陽光発電システムを導入した場合、どの程度のメリットがあるのかを紹介します。
標準的な条件だと費用がどれくらいで、20年間でどのくらいメリットが生まれるのか、見ていきましょう。

年間160,752円のメリットがあるといわれています。
太陽光発電システムのランニングコストは、平均すると160万円ほど。
約10年で設置費用は回収し、その後はそのままの金額でメリットを受けることができるようになります。
専門業者に相談をすることで、発電量の計算や、メリットのシミュレーションを作成してもらう事ができます。
収入を得ることができるといった営業方法で太陽光発電システムを売る業者もいるため、十分に注意をしましょう。