太陽光発電を選ぶコツ | 太陽光発電の味方

HOME » 太陽光発電とは » 太陽光発電を選ぶコツ

太陽光発電を選ぶコツ

太陽光発電システムが注目を集めていますが、実際に太陽光発電を取り入れたい場合には、どの様な基準で選ぶべきなのでしょうか。
メーカー沢山ありますが、迷っていても最後は1つのメーカーに搾らなければなりません。
太陽光発電のメーカー比較をする事もお忘れなく
導入した後に後悔しないよう、しっかりと選びましょう。…

太陽光発電を選ぶ際には「kW単価」と「変換効率」で選ぶ必要があります。
これらは導入する際に価格への影響も大きく、メーカーによって差がある項目です。
工事代、割引、ソーラーパネルの大きさ、出力、種類、形状、耐久性、メーカー、保証、工事の方法については、最終的な判断の材料にします。
太陽光パネルの変換効率とは、ソーラーパネルの発電量です。
同じ面積のソーラーパネルがある場合、変換効率が1.5倍であれば発電量も1.5倍となります。

kW単価とは、1kWの価格です。
太陽光発電システム導入費用合計をkW数で割ると算出できます。
施工費がお得な価格であるかどうかは、導入費用の合計金額ではなく、kW単価で比べなければなりません。
安いように見える見積もりであっても、kW単価で計算をしてみると高値である可能性もあります。
電力を電力会社に売った際の収益である変換効率と、kW単価の2つを確認すると、最も適したメーカーを判断することができるのです。

電気を売ることを最優先に考えるのであれば、東芝がおすすめです。
予算にもよりますが、変換効率が良いソーラーパネルを選びましょう。
早い段階で初期費用の回収をしたい場合には、カナディアンソーラーがおすすめです。
海外メーカーではなく国産メーカーが良いという場合、比較的安値である三菱電機も良いでしょう。
導入費用を抑えたいという場合には、ソーラーフロンティアがおすすめです。
国産、低価格ですが高品質である点が魅力。
貯金を使いたくないという方は、ソーラーフロンティアを検討しましょう。
いくつかのメーカーの見積もりを取り寄せて、検討してください。