太陽光発電メーカーの選び方 | 太陽光発電の味方

HOME » 太陽光発電とは » 太陽光発電メーカーの選び方

太陽光発電メーカーの選び方

太陽光発電を導入する場合に重要になるポイントは、発電効率の高さです。
太陽の光をどの程度電力に変換できるのかという数字であり、発電効率が高いソーラーパネルほど初期費用を回収するまでの期間が短くなります。
しかし、同時にソーラーパネル自体の値段が高くなり、全体の導入費用も高くなるのです。
発電効率が低いソーラーパネルでは、産業用の太陽光発電システムの運営は厳しいでしょう。
太陽光発電は口コミや評判による比較も大切だと言えます。

初期投資に出せる金額と発電効率のバランスは難しいですが、可能な限り効率的に費用を拐取できるメーカーを選択することが重要です。
太陽光発電メーカーのカタログには、出力や変換効率、サイズが一覧になっているため、この表を確認することで発電効率が分かります。
初期投資に出せる金額と発電できる量、電力を売った際の値段などを使用してグラフ化すると、よりシミュレーションしやすいでしょう。

産業用の太陽光発電と家庭用の太陽光発電では、メーカーを選ぶ際のポイントも異なります。
家庭用の太陽光発電システムでは、屋根の上に設置することになるため、家庭用太陽光発電システムに強いメーカーを選ぶ必要があるのです。
重さのあるソーラーパネルを使用した太陽光発電システムの場合、耐久性などに不安が残るでしょう。
電力を売る事によって初期費用を回収し、収入につなげなければなりません。
屋根や建物に合うソーラーパネルを選ぶだけではなく、発電効率の良さも重視しましょう。

初期投資の金額と発電効率についてはバランスを観ながら、長い期間使用する事を念頭にメーカーを選びます。
住宅のある地域の気温、天候の特徴、日照時間に合ったメーカーを比較しましょう。
例えば、太陽の光が当たる時間が短い地域の場合、晴天ではなくても発電できるソーラーパネルを導入する必要があります。
気温の高い地域では、熱で劣化しないソーラーパネルが良いでしょう。
雪や雨の多い地域では、雪が積もった際の重さに耐えられるソーラーパネルを選びます。
この様に、まずは地域の特徴を把握し、その後メーカーの特徴や強みと照らし合わせてみる必要があるのです。