太陽光発電仕組みと従来電力との比較 | 太陽光発電の味方

HOME » 太陽光発電とは » 太陽光発電仕組みと従来電力との比較

太陽光発電仕組みと従来電力との比較

太陽の光をエネルギーに変えるという仕組みの太陽光発電は、従来の電気料金と比較をして節電になるともいわれています。
また、環境への影響を考えた場合、比較をすると太陽光発電の方が地球に優しい発電システムです。
この様に、従来の発電や電力供給と比較をすると魅力的な太陽光発電ですが、実際に電力へ変換され、家庭で使用できるようになるためにはどのような仕組みになっているのでしょうか。

太陽光発電システムは、太陽の光から電力を生産するシステム全般を指します。
太陽光発電システムには、家電製品や太陽電池、電力会社を繋いでいる複数の機器も含まれます。
太陽光発電によって得た電力は「直流」です。
そのため、専用機器である「パワーコンディショナー」を利用し、電力会社の電力と同様の「交流電流」へと変換する必要があります。
家庭で使用される電力の多くは交流電流であるため、変換をしなければ使用できません。

生産された電力が、消費した電力と比較して多い場合には、電力会社に電力を送ると買い取って貰う事が可能です。
反対に、天候不良で太陽の光が少なく、使用する分の電力が不足する場合、電力会社から電力を買う事になります。
電力を売る、買うなどの作業が大変ではと感じますが、この作業が自動で行われるため、毎日行わなければならない作業はありません。

太陽光発電システムの一部である太陽電池の「電池」とは、一般的な電池とは異なり電力を蓄えるものではありません。
太陽の光を電力に変えるための発電機となります。
太陽の光が太陽電池にあたると、光電効果と呼ばれる現象が起こり、電流が流れます。
他にも、太陽光発電システムには分電盤と電力量計があります。
分電盤は、家庭の配線を通じて電気を振り分ける危機です。
電力量計は電気の売り買いを計測する機器であり、売る用と買う用があります。
専門業者が設置するため、自分達で行う作業はありません。
しかし、導入する場合は、ある程度の仕組みを知っておく必要はあるでしょう。